2012年6月22日金曜日

マッジョ通りのシャンデリア工房

私の滞在していたアパートはセッラーリ通りにあり、
この辺り一体はアルノ川の左岸で、アルトラルノ地区といいいます。
ピッティ宮、ボーボリ庭園、サントスピリット教会、
その向こうにはミケランジェロ広場がありますが、
あまり知られていない小さな教会、
興味深い小さな美術館や博物館も沢山あります。

他に職人工房が並んでいる通り、骨董店の並ぶ通り等、
ちょっと入り組んでいて、迷いそうな通りを歩いていると、
思いがけない所に出たりして、面白く、
住宅地であり、庶民の暮らしに密着した地区でもあるのです。

そんなある日、今日はちょっとアパートの周りを探検してみようと、
あちこち歩いていて、マッジョ通りにでました。

16世紀に大公の屋敷がピッティ宮殿に移ったので
そのすぐ近くにあるマッジョ通りに
当時の貴族達がこぞって屋敷を建てて移り住んだ為に
優雅な外壁のあるお屋敷通りになりました。

今でもこの通りはそのままに、
他の通りとは違って、中はどんな風なのかなあと
想像したくなる建物が並んでいます。
今はその一階部分に骨董店が並ぶ通りになっています。

そんな一角に、シャンデリアやランプの専門のお店がありました。
ここは、工房も兼ねているようですが、
夕方だったので、窓から電気のついた沢山のシャンデリアが目に入り、
入り口からちょっと覗いていると、
そこのオーナーが、中に入るようにと扉を開けてくれました。

写真を撮ってもいいかと尋ねると、どこでもいいと言われ、
中にどんどんという感じの如く入ると、
とても広い部屋が幾つもあり、その全てが所狭しにあらゆるシャンデリアやランプが沢山あり、主立った物に明かりが入っているのです!!

見るもの全てがとても素敵で、こんなのが一つでもある部屋が欲しいな.....
と思うのですが、日本の家には合わないかもしれません......
でも、つい夢中になってしまい沢山写真を撮らせてもらいました。
その一部です。






















このお店の入り口の部屋ではアンティークのシャンデリアを直していました。
ここには、アンティークの他にもレプリカの物もあるようですが、
わたしにはどれがレプリカかは分かりませんでした。
どれも現代風には見えるものは無かったからです!
もしかしたら、もう閉める時間が近かったのかもしれませんが、
私もつい長居をしてしまいました....。


2 件のコメント:

Milton さんのコメント...

Olá Junko!
Adorei essa extensão do seu blog original. Estarei por aqui também.
Beijos!

Roberta Carraro さんのコメント...

Beautiful photos of Italy .... I'm from Venice. Bye bye